報道関係の方へ

第39回日本性科学会学術集会は、当事者及び一般参加者が安心して本大会に参加できるよう、プライバシーの保護および個人情報の取扱いについて、厳重な管理を行います。そのため、取材について下記のようにお願い致します。
1. 参加資格について
本学術集会に参加し、取材活動ができる方は、新聞・テレビ・ラジオ等の報道関係の方及びその他雑誌等の記者の方とさせていただきます。
2. 提出物について
取材にあたっては、原則として運営事務局にあらかじめ取材許可申請書と誓約書(名刺添付必須)を提出して下さい。また、下記「取材規定」をご確認ください。
3. 取材の仕方について
取材に際しましては、下記「取材規定」の各項目を遵守してください。 違反した場合、入場のお断り、または退場を命ずる事があります。

【第39回日本性科学会学術集会に関する取材規定】

本大会における取材については、以下の項目を遵守するものとします。万が一、本規定に反した場合は、貴社に対して対応を申し入れる場合があることをご了承ください。
1. 事前に大会側に申請し、許可された取材対象セッション以外は、一切取材しないものとする。
2. 事前申請なく当日申し入れの場合、取材対象・内容を申請し、主催側の許可を得るものとする。
3. 特定の取材対象となる参加者へは、事前に取材する旨の承諾を直接本人から得るものとする。
4. 一般参加者に対するインタビューは原則禁止とする。
5. プログラムの進行を妨げないように、取材は各セッション終了後に限定する。
6. 写真・収録撮影時におけるストロボおよびライトには十分に配慮し、一般参加者や聴講の妨げになるようなことは避ける。
7. 対象者以外の撮影は避けるようにし、万一写った場合には、個人が特定できないよう配慮する。
8. 会場内を撮影するときも、来場者へカメラを向けることなく、全体風景を撮影するようにする。
9. 報道以外の記事掲載等の取材内容については、事前に主催側が記事の内容をチェックするものとする。決して、他社・他商品への誹謗中傷となるような記事は掲載しないものとする。
10. 会場内にいる時は、プレス証を必ず着用して下さい。
11. 上記事項に無く判断を要する場合、速やかに主催側に相談し許可を得るものとする。

取材許可申請書・誓約書